FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のハナミズキ

2010年09月03日 00:17


最後に見た映画って何?と聞かれて

「涼宮ハルヒの消失です」

とは答えられませんでしたあるぱです。


生まれて初めて独りでいった映画がハルヒとかもうね・・・。
都内まで電車でえんやこら見に行ったのも痛い思い出です。
(作品は良作でした。DVD買うほどじゃないけど借りる価値あり)


んなわけで、ひさびさに映画見てきました。

「ハナミズキ」

話題の邦画らしいです。

1)Aチーム
2)インセプション
3)ベストキッド

そのどれかが見たいっていったのに、どうしてこうなった・・・。


Aチーム
・ぎんだん内ではリンマスのアティの布教おすすめで以前から
 Aチームブーム。これは見てアティに自慢したい!

インセプション
・渡辺謙かっこいいよ

ベストキッド
・ジャッキー・チェンかっこいいよ


気楽なハリウッド映画が見たい気分だったんだけどねー・・・。



映画見るときは見る映画によって同行者を選ぶ必要があることを学びました(ぉ


んなわけでハナミズキ。

北海道の漁村。
家業の漁師を目指す水産高校の少年と、
都内の大学受験を目指す進学高校の少女。
その二人の10年間を描く(一応)ラブロマンス映画でした。

どちらかというとヒューマンドラマだった、と思ってますが。

「淡々と」とは書いたけど、それはそれはドラマチックなんだけども。
なんていうか、たぶんわざと見た人が「ああ・・・あるある・・・・」と思わせるような
絶妙な思いをさせる、そんな作品です。
同行者とも話したけど、お互いけっこう違う感想や違う人物に感情移入してたり。
男女の差かもしれないけど、見て感想を語り合うのもいいですね。

ぶっちゃけいうと、
多少救いのある『秒速5キロメートル』なカンジ。

DVDや金曜ロードショーだと、多分途中で飽きるかもしれないので
映画館で見れてよかったなーと思える作品でした。


ネタバレにならないように、関係ないところを。

劇中主人公の高校時代の設定が1996年となってます。
この1996年をリアルに体感した世代には、
ちょっとニヤリとさせられる演出がいくつかでてきます。

主人公のGショック。
ヒロインの腿丈のダッフルコート。
主人公と仲間たちのアディダスの3本ラインジャージ。

1996年当時、僕たちの間で流行したアイテムがさりげなく登場します。
これでエアジョーダンとかラルフのマフラーとか出てきたら完璧なんだけど、
多分あからさまになるからそれは無しになったのかなーと思ったり。

もしかしたら他にもご当時アイテムがあるかもしれないけど、
それに気がついたのが途中だったのでこれくらいしか見つかりませんでした。

ぜんぜん関係ないけど、あるぱさん、一周回ってGショックとダッフルコートが
ここ数年のマイブームです(ぉ



正直、安っぽい鬱展開な泣きドラマを覚悟してたので、
さわやかな気分で見終わることができました。


もし時間と機会があったらオススメしてみたいと思う作品でした。


以上。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alpand.blog130.fc2.com/tb.php/228-8218e2b1
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。