FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアートオンライン5登場銃器考察1

2010年08月08日 01:33

ソードアートオンライン5巻に出てきた銃器を写真付きで
紹介したいと思います。


8月10日発売予定だった電撃文庫がなぜか繰り上げ販売。

今回は
「ソードアートオンライン5」
「とある魔術の禁書目録21」

の2冊を購入。
「フォーチュンクエスト」の新刊はゲットできませんでした。

今回、ソードアートオンラインにて銃に関する話題があったので
写真付きで解説してみるよ!素人だからWIKI見ながら書くよ!
自分の勉強用メモってことで流し読みお願いします。

↓紹介ココカラ↓


sg550.jpg
シグ SG550
スイス・シグ社(スイス)のアサルトライフル。5.56mmNATO弾。
世界一命中精度の高いアサルトライフルと言われている。
ついでに世界一有名なアサルトライフルAK-47<カラシニコフ>を
シグ社が独自に発展させた物。信頼度が高く、世界中の特殊軍に採用されている。
その命中度は300m先の的に連射した場合、7cmx7cm以内に集弾できるとされている。

ダイン所持。
リアルじゃけっこうありふれたアサルトライフルなんだけど、
コレもレア。レア装備の定義が知りたい・・・。
「ナイスガッツ!」は今回お気に入りのセリフ。



みにみ

FN ミニミ軽機関銃
FN社(ベルギー国営)の軽機関銃。5.56mmNATO弾。
バイポッド(2本足)が標準装備。同社のFNMAGという大型機関銃を元に軽量化し、
一人で取り回しができるように改良した銃。
世界中の陸軍で採用されており、自衛隊でも採用。
突撃銃と称されるアサルトライフルと違い、さらに後方で敵歩兵に頭を上げさせない火力制圧の
為の分隊支援火器として分隊単位で配備されている。

シノンにいきなり吹き飛ばされた無名の人所持。
個人的にこの銃の活躍する場面を見たかった・・・・。



URH2.jpg
(イラストはこちらより)
PGM ウルティマラオ・ヘカート2
PGM社(フランス)の対物ライフル。12.7mmx99mm弾。
全長1380mm、重量13.8kgの超大型ライフルでメーカー公称射程1800m。
WIKIにのってないので本文から抜粋。
<現実世界では対物狙撃銃というカテゴリーに属し、車両や建築物を目的としている。
 その威力から対人に使うことを禁止されている>

シノン所持。
ぶっちゃけWIKIにものってないようなライフルを主役級で登場させるとは恐るべし。
ウルティマラオという狙撃銃を対物ライフルに改造したのがこの「ヘカーテ2」らしい。
使用する12.7mmx99mm弾はヘリコプターなど機関砲に使用されるもので、
映画などでヘリコプターの機関砲の威力を想像するとこの銃の恐ろしさがわかるかも。
長さ99mm(缶コーヒーくらいの長さ)の弾丸、といえば恐ろしさの片鱗が想像できる。
ちなみに「対物狙撃銃」はかつて「対戦車ライフル」と呼ばれていたらしい。



1097278910_4240125058.jpg
GM M134ミニガン
ゼネラル・エレクトリック社(多国籍)の機関銃・・・ガトリンク砲と言った方がわかりやすい)
7.62mmNATO弾。
電動モーターで銃身を回転させ、毎分2000~4000発の発射速度を誇る。
主にガンシップ(ヘリ)からの地上掃討に使用される。
ミニガン
ベヒモス所持。
映画「ターミネーター2」でシュワルツネッガーが使って超有名になった銃。
実際はバッテリーも持たなきゃいけないので携帯できない物らしく非常に残念。
私事ですが、近状の模型店にコレの電動ガンが30万円くらいで売られてて
いつか金持ちになったら買ってやる!とおもっていた10代がありましたw



450px-Hk_mp7_b-1-.jpg

H&A MP7
ヘッケラー&コッホ社(ドイツ)のPDW(個人防衛火器)。4.6mm弾。
PDWは拳銃と短機関銃・アサルトライフルの中間のカテゴリーで
「小銃より携帯性に優れ、短機関銃のように片手でのとっさの取り扱いが可能で、
短距離でなくともボディアーマーに対して効力を持つ銃器」
とされ近年新しく登場したカテゴリー。
MP7は折りたたみ能力にすぐれ、またPDWの性質上だれにでも取り扱える
機関銃として軍用のほか、用心警護やCQC、
ヘリコプターや戦闘機パイロットの非常時の護身用火器としても
採用されている。

シノンのサブアーム。
個人的に非常にデザインが好きな火器。
取り回しの良さと携帯性を追求した末のデザインが心をくすぐります。
PDWの常としてある程度の貫通性を求められており、
対物狙撃銃をメインアームにするシノンがサブアームとして
やはり貫通性に優れたこの銃を持っている事に
キャラクターの性格を垣間見る事ができるかもしれない。
あと「へっけらーあんどこっほ」って声に出して読みたい単語だと思う。




109693126_1.jpg
M4カービン
コルト社(アメリカ)のアサルトカービン銃。5.56mm弾。
カービンは通常のライフルより銃身を短くした物で「騎兵銃」とも呼ばれるらしい。
同社M16A2アサルトライフルの全長を短縮させた派生型で80%の部品相互性を持つ。
また、M16A2になかったフルオート射撃を可能としており、それに伴い加熱対策に銃身が肉厚になっている。
コンパクトで取り回しが良く、戦闘車両の乗員や将校が使用することが多く、
またその可搬性から都市部における近接戦闘や特殊部隊、空挺部隊による特殊任務にも採用されていた。
現在ではアメリカ陸軍の大半がこのM4を装備している。

シノンのチームの無名の一人が装備。
バリエーションとかオプション装備が多彩で男の子ゴコロをくすぐる
銃のひとつなんだけど、作中登場は
「M4はここからバックアップ・・・「ダメだ! ~~~~
の一文のみ。
南無。



m40.jpg
レミントンM40
レミントン社(アメリカ)のスナイパーライフル。7.62弾他。
ボトルアクション式のスナイパーライフルで高い命中精度、単純堅牢な構造、
信頼性から狙撃銃として警察や軍隊でも採用されている
同社M700のバリエーションモデルで、アメリカ海兵隊が
独自に改良・開発したモデル。
バリエーションのひとつであるM24は自衛隊でも採用されている。

前回のBoBでシノンを狙撃撃破した人が所持。
シノンのプレイスタイルだとオーバーキル甚だしいヘカートよりこっちの方が
向いているとは思う。でも大鑑巨砲幼女のインパクトは大事。



FN_FAL_rifle.jpg
FN FAL
FN社(ベルギー)の自動小銃(アサルトライフル)。7.62mmNATO弾。
第2次世界大戦後期に開発、ヨーロッパNATO諸国で広く採用され、
西側を代表するアサルトライフルとなった。
フルオート射撃が可能なライフルだが使用する弾装の問題で命中率が低く、
ただセミオートで使用した場合の命中率が高かった、というライフル。
銃身が長く取り回しが困難だった為、短機関銃などと合わせて装備された。
これを元に改良・開発が行われ数多くのバリエーションが存在する。
現在は各国それぞれで他の銃に世代交代が進められている。

恭二との会話中、詩乃が速射力が物を言う大口径ライフルとして思い描いた銃。
AGI(敏捷力)が優れたキャラでもコレがあればまだ生き残れる、との例えで
思い描いたものだけども、確かに上記のミニガンやレミントンと
同じ口径の弾丸を使用し、速射力もそこそこあるこの銃なら
敏捷力を生かしたポジショニングも含めて
「まだまだ戦える」のかもしれない。
弾薬が強力すぎて&弾1発ずつの大きさが大きすぎて弾数を携帯しにくい為
フルオートには向かないらしい。裏を返せば、セミオートで使用すれば十分
強力な銃で、事実フルオート機能を取り除いたバリエーションが世界中で
活躍した。




DCB_Shooting_G3_pictures.jpg
H&K G3
ヘッケラー&コッホ社(ドイツ)の自動小銃(アサルトライフル)。7.64mmNATO弾。
1964~1996年までドイツ連邦軍の正式採用自動小銃だった。
性能や実績への信頼度が高く、前述のAK-47、FALなどと並んでアサルトライフルの草分け的存在となった。
反動が少なく、連射による射撃でも高い命中精度を保ち人間工学に基づいたデザインで
錬度の低い兵士でも短期間の訓練で目標に当てることが出来た。
様々なバリエーションが存在し、現在も世界中で採用されている。

恭二との会話中、詩乃が速射力が物を言う大口径ライフルとして
FN FALと並べて思い描いた銃。



tt33.jpg
トカレフTT1930/33・54式拳銃「黒星」
<トカレフ>
ソビエト軍(設計者フョードル・トカレフ)の自動拳銃。7.62mmトカレフ弾。
第2次世界大戦~1950年代のソ連軍正式拳銃。
通称「トカレフ」。
本国では過去の銃となったが中国をはじめとする共産圏でライセンス生産・コピー生産が行われた。
アメリカの「コルト・ガバメント」を元に極限まで単純化を図った物で、外見も酷似している。
ただし、外見上グリップに共産圏らしく星のマークが入っているのが特徴。
また徹底した単純化の影響で初期型においては安全装置すら省略されている。
単純化の理由は、ソビエトの過酷な環境下では凍結による動作不良に考慮した為だが、
安全装置省略による「トカレフの悲劇」はいまだに世界中で発生している。

<54式拳銃>
中国建国後よりソ連より技術者を招いてソ連製パーツを利用したノックダウンモデルが
51式拳銃として採用され、その後自力によるコピー生産の末に完成したのが54式。
中国人民解放軍において1954年より正式採用される。
「トカレフ」の名は日本において密輸銃として最も有名な拳銃であり、
暴力団などが手にしているのはこの54式拳銃だといわれる。
グリップの色と星マークから「黒星」と呼ばれる。
7.62mm弾ながら火薬量が多くり、多く貫通弾を使用している為、
通常拳銃用の防弾チョッキでは貫通してしまう事がある。

朝田詩乃のトラウマの原因の拳銃。
本文中、唯一でてくる「実銃」。ネタバレになるので多くは書きません。
7.62mmの貫通弾、という特徴が本文中でもよく表現されてます。
てか作者のこだわりがハンパないっす・・・。
携帯性から7.62mm弾はアサルトライフルなどでは大口径に分類されますが、
ハンドガンとしては小口径(多くは9mmを採用)。





Five-seveN_USG.jpg

FN ファイブセブン

FN社(ベルギー)のハンドガン。5.7mm。
P90(後述)のサイドアーム(補助兵器)として開発。
名前の由来は5.7mm弾を使用することに由来。
Five-seveN」と表記されるのは
FN社の名前に由来する。
PDW(個人防衛火器)のP90と同じ5.7mm弾を使用。
その為、1種類の弾丸の携帯で両方の火器を使用できる。
専用5.7mm弾はライフルの弾丸をそのまま小さくしたような形で
貫通性に優れ、100mの距離があっても防弾チョッキを貫通できる。
が、人体などの軟体に命中した場合内部で弾頭が乱回転して
運動エネルギーを対象内に放出し、貫通せずに周辺の組織を大きく破壊する。

キリトのサブアーム。
またマニアックな銃を・・・とニヤニヤしてしまいます。
ただ、シノンがなんでコレを選んだのかな?と考えるとちょっと謎。
残高とのバランスで考えたのか、マニアックな趣味からか・・・。
たしかにマンストップパワーと貫通力を考えたら良火器だと思うけども。
それなりにSTRがあるキリトならもう少し大口径のハンドガンでも問題はないハズで。
・・・と、ここまで書いて気がついた。
貫通力+命中後の破壊力。この特徴ってそのままシノンのヘカート2に通じるものがありますよね?
シノンの趣味というより、突然出会った”弟子”のようなキリトに自分のメインアームに
通じる性格の銃を選んであげていた、と考えると、やばい、ちょっとニヤニヤしてしまうw



FN-P90.jpg
FN P90
FN社(ベルギー)のPDW。5.7mm。
P90(プロジェクト90)は通常のサブマシンガンと違い既存の拳銃弾を使用せず、
専用弾(上述)を使用する新しい形態の火器として1980年代末に開発された。
機関部がグリップと引き金より後方に位置するブルパップ方式を採用しており、
全長に比べて銃身が長く、集弾性に貢献している。
半透明プラスチック製弾倉を銃身の上に平行に装着し、弾薬は銃身と直交した状態で保持されて、
装填直前の弾倉内で90度回転し前方を向く。 サブマシンガンとしては多い50発の装弾数を実現したが、
従来の火器とは大きく異なる装填方式であり、迅速な弾倉交換には熟練を要するとされている。

シノンがファイブセブンの説明の際、引き合いに出しただけの登場。
個人的に、世界一美しいデザインのPDWじゃないかと思っています。
上述のファイブセブンとセットで扱われるけど、キリトはコレを装備する事はないんだろうな・・・・
ただ、シノンのサブアームが同じ性格のMP7なので、
なんかしらの理由でシノンがMP7からP90に持ち替えて、
キリトと弾丸の共有とかいう展開になったら個人的に歓喜・・・・。
って思ったけど、どうやらP90の方が倍くらいの重さがあるらしい。
すでに上限ギリギリなシノンが持ち替える可能性は少ないか・・・。
残念。



飢丸さんのライフル:不明。


pukiwiki.jpg

FIM-91 スティンガー
アメリカ軍開発の携帯型地対空ミサイル。ミサイル直径7.0cm全長1.5m。
どのような状況下でも使用できる全面性と、整備性の向上、敵味方識別装置(IFF)の搭載に主眼が置かれた
携帯型地対空ミサイルで、高性能赤外線シーカーが採用されており、
世界一命中率の高いミサイルとしてギネスブックに掲載されている。

シノンの準決勝の相手の名前がスティンガーさんだった。それだけ。
「別にスティンガーを装備してるわけではない」とのこと。
逆にスティンガーを装備した高レベルプレーヤーってのも見てみたいですw
赤外線シーカー装備した超高速ミサイル(連射不可、目視必要)って
けっこうおもしろそうですけどねー・・・。


FN_SCAR_rifle.jpg

FN SCAR
FN社(ベルギー)の特殊部隊用アサルトライフル。5.56mm/7.62mm共にNATO弾。
SOCOM(アメリカ軍特殊作戦軍)向けに開発しているアサルトライフル。
イラク戦争やアフガニスタン紛争に投入されている部隊に配備、高評価を得ている。
2003年トライアルより選定、M16やM4カービン(前述)などの後継に採用される予定だが、
現在のM4を中心にしたシステムに勝る利点の無さから再考されている。
バレルやストックの長さの調整が可能で近接戦闘から狙撃まで可能としている。
なお名称は「スペシャル・オペレーションズ・コンバット・アサルト・ライフル」の略で「スカー」と呼称。

スティンガーさんのメインアーム。
スティンガーミサイルじゃなくってスカーだそうです。
あいにく1発も撃たれること無く終了。


07041001.jpg
HMMEV<ハンヴィー>
AMゼネラル(アメリカ)の軍用車両。
部隊や作戦ごとに兵装等を現地でカスタムされる。
ハンヴィーの民生用の車種がハマー(HUMMER)である。

スティンガーさんが使用。近くにあった岩をひき逃げ。
シノンのヘカート?によりスティンガーさんもろとも爆発。
日本じゃハマーH1の軍事バージョンと言ったほうが伝わりやすいかも。
ちなみに日本だとハンヴィーに相当する車両は三菱パジェロの親戚。
なんでスティガーさん関連で3項目も使っちゃったんだろう・・・。

しかもスティンガーさんで終わるとか・・・。

とりあえず、
今回登場した実弾火器に関しては全部カバーできたと思います。
前述の通り、素人がwikIみながら書いたんでツッコミ等ありましたら
よろしくおねがいします。

まだ「発売日前」なんで、こんなこと言っちゃいけないんだろうけど。


早く次でないかな・・・・・。

・・・え?アクセルワールド10月発売!?

スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alpand.blog130.fc2.com/tb.php/201-fc0848b6
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。